レクサスでドライブ日記

人生一度はレクサスに乗ろう!

レクサスをメインに、クルマの話題を中心としたブログです。

内容はシンプルをモットーにしておりますので、気楽に読んでいただけると幸いです。

レクサスUXを検討中の方は、特別仕様車を選ぶべき!

今回のレクサスUXはひと味違うかも

レクサスUXは10月に特別仕様車Urban Elegance」を発売しました。UXは2020年に特別仕様車を発売するのは今回で三度目となります(一度目は2月発売の「Blue Edition」、二度目は4月発売の「Brown Edition」)。メーカーとして、UXの力の入れようが見て取れます。

今回「レクサスインターナショナル ギャラリー青山」で、その特別仕様車Urban Elegance」を見に行きました。

f:id:lexusdrive:20201012234333j:plain

 

UXはレクサスSUVのエントリーモデルの位置付けと聞いたことがありますが、今回の特別仕様車は内外装共にエレガントです。グリルフレームは漆黒メッキに、スピンドルグリル、ヘッドランプ、ドアミラーがブラックに塗装され、とてもスポーティーでカッコイイです。

f:id:lexusdrive:20201013225731j:plain

 

ルーフレールも、この特別仕様車ではブラックに塗装されています。

リヤコンビネーションランプのフィン型の造形に変更はありませんが、リヤスポイラーの効果を発揮して、空力性能も実現しています。ラゲッジスペースも拝見しましたが、ハイブリッドモデルはバッテリー搭載位置の都合上、ガソリンモデルより容量が不足していましたが、今回の特別仕様車と一部改良によって拡大されたとのことです。

f:id:lexusdrive:20201014201404j:plain

 

ホイールもブラックに塗装。通常仕様ではダークグレーメタリック塗装ですが、ブラックも足元が引き締まる印象です。

f:id:lexusdrive:20201023235016j:plain

 

特別仕様車のインテリアカラーは、「リッチクリーム&ブルー」と「ブラック&ブルー」の二種類が設定されています。この展示車は後者ですが、都会的な空間を演出されていて上質感があります。

f:id:lexusdrive:20201023234943j:plain

 

この特別仕様車「Urban Elegance」は「version C」をベースにしていますが、価格を比較してみます。

「Urban Elegance」UX250hは472万円。UX200は436万円。

「version C」     UX250hは457万円。UX200は421万円。

AWD車は省略しています。2020年10月現在の価格です。

 

価格差はそれぞれ15万円!高いでしょうか⁉

いやいや、今回の特別仕様車コスパが良過ぎです!

なんと、「パノラミックビューモニター」、「ブラインドスポットモニター」、「パーキングサポートブレーキ」、「ハンズフリーバックドア」が特別装備され、この価格差です。これらの装備と上記のブラック塗装の仕様を考えると、コスパが非常に良いと思います。今、レクサスUXを購入検討されている方は、この特別仕様車を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

f:id:lexusdrive:20201014233633j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

LEXUS LOVER MEETING (2020年10月17日)

LEXUS LOVER MEETING(LLMT)に初めて参加してきました。

開催場所はトヨタのホームコース、富士スピードウェイです。

今回のMTでは元レクサス F開発エンジニアの方や、レクサス LCエンジニアの方までいらっしゃるというのが驚きです!それに加えて、自動車雑誌「CAR and DRIVER」の取材まであるというのだから、LLMTの存在と幹部の方々の人脈の広さに感服しました!

f:id:lexusdrive:20201018132846j:plain

 

参加者の方々のクルマの停車風景です。色とりどりのボディカラーが綺麗ですね。

f:id:lexusdrive:20201018132937j:plain


これだけのレクサス車両が集まったので一台ずつ撮影したかったのですが、一日中降雨にさられていたこともあり、残念ながらクルマが並んだ写真しか取れませんでした。

f:id:lexusdrive:20201018133034j:plain

 

ピット内にはLEXUS LOVER 管理者様がオーナーのRC Fが鎮座されていました。「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」のボディカラーが鮮やかです。エンジンサウンドも迫力ありました。

f:id:lexusdrive:20201018132717j:plain


その隣には、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」のRC Fも!このオレンジとレッドは、どちらもRC Fの発売に併せて新規開発された二色ですが、どちらのカラーもRC Fによく似合います。

f:id:lexusdrive:20201018133455j:plain


RC FのMC前と後のモデルが並ぶという景色。どちらのモデルもカッコイイです。

f:id:lexusdrive:20201018133523j:plain

 

RC Fの最上級グレード「Performance package」。専用装備の赤いブレーキキャリパーや大型カーボンリヤウイングが、存在感を強調させてくれます。

f:id:lexusdrive:20201018134059j:plain

 

RC F「Carbon Exterior package」もピット内に鎮座されていました。これだけたくさんのRC Fを同時に見れただけでも、テンションが上がります!

f:id:lexusdrive:20201018134127j:plain

 

今回のミーティングではサーキットの体験走行もあり、希望者の方のみサーキット走行をされていました。私は腕が未熟なのと、当日の雨模様を理由に遠慮させていただきました…ピットから皆様をお見送りです。

f:id:lexusdrive:20201018134640j:plain

f:id:lexusdrive:20201018134717j:plain

f:id:lexusdrive:20201018134658j:plain

 

皆様を送り出したあとは、またピット内の撮影です。

GS Fです。GSの販売終了に伴い、新車では購入できなくなりました。現在、FシリーズはRC Fのみとなってしまいましたが、欧州車に対抗するためにも、このようなハイパフォーマンスモデルを、レクサスはどんどん追加してほしいです。

f:id:lexusdrive:20201018140746j:plain

 

こちらもGS Fです。BBSのホイールが似合います。

f:id:lexusdrive:20201018140807j:plain

 

GS FとRC Fです。後ろのRC Fは2018年に発売された特別仕様車F 10th Anniversary”モデルで、限定35台のレア車です。

f:id:lexusdrive:20201018141248j:plain

 

皆様が体験走行を終えられたようで、気が付くとLCが二台並んで停車されていました。レクサスのフラッグシップクーペが2台並んでいると絵になります。

f:id:lexusdrive:20201018142146j:plain

f:id:lexusdrive:20201018142208j:plain

 

帰り際に、私と同じISのヒートブルーのオーナーの方と、並んで撮影させていただきました。ISのヒートブルーは珍しいので、こんな並んで撮影ができるなんて、レクサスオーナーのミーティングならではですね。

初めてのミーティング参加でしたが、雨の影響で他のオーナーの方とお話ができなかったので、次回のミーティングでは色々なオーナーの方とも交流を深めたいと思います。

f:id:lexusdrive:20201018142743j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポルシェ タイカンを体感(タイカン)

ダジャレではないです…(笑)

ポルシェ タイカンが展示されるイベント、「Porsche Taycan Roadshow 2020 in Tokyo」が東京ミッドタウンで開催されました。ポルシェ初のフル電動モデル、タイカンを確かめようと思い、会場に足を運んでみました。今回、展示されていたのは「イカン ターボ」ですが、タイカンはこのグレードの他に、「ターボ S」「4S」の3グレード設定とのことです。会場スタッフの方のお話ですと、今後ベースグレードも追加される可能性があるとのことです。

f:id:lexusdrive:20201010175534j:plain

 

早速ドライバーズシートに乗り込んでみました。乗り込んだ時の印象は、さすがポルシェ。このタイカンを最初はセダンと意識していましたが、シートに滑り込む感じが、スポーツカーを意識させてくれました。メーターパネルはポルシェの伝統的なアナログメーターではなく、EV車らしくフルデジタルになったとのこと。先進的な印象を受けます。

f:id:lexusdrive:20201010183144j:plain

 

ボディサイズはパナメーラよりは小さいと思っていましたが、なんと全幅はパナメーラを上回る1,966mm(パナメーラは1,937mm)。全長はパナメーラより短いため、リヤシートに座ったときは、「スポーツカーよりは少し広い」くらいといった印象でした。

f:id:lexusdrive:20201010192435j:plain

 

ホイールのデザインが斬新で、20インチも相まって迫力もあります。

f:id:lexusdrive:20201010212604j:plain

 

ランクルームも拝見させてもらいました。ゴルフバッグは斜めにしないと入りませんが、トランクスルーのような使い方をすればまっすぐ入ります。ちなみに、フロントのトランクの容量はかなり小さかったです。

f:id:lexusdrive:20201010193845j:plain

 

電気自動車として気になるライバルは、やはりテスラ。「テスラ Model S」は航続可能距離が約600km。このタイカン ターボは約450kmということで、テスラに分がありますが、バッテリー容量自体、テスラの方が大きいのが理由とのことです。今後はタイカンも改良されて航続距離を伸ばしていくでしょうね。

f:id:lexusdrive:20201010204405j:plain

 

運転席側に「普通充電」、助手席側に「急速充電」と充電ポートが2か所に分かれてあります。運転席側は電子機器が集中しているため、急速充電は助手席側に設置してあるとのことです。

f:id:lexusdrive:20201010220103j:plain

 

会場にはタイカンだけではなく、他のプラグインハイブリッドモデルも展示されていました。

パナメーラ ターボ S E-Hybrid スポーツリスモ

f:id:lexusdrive:20201010220239j:plain

f:id:lexusdrive:20201010221707j:plain

 

カイエン ターボ S E-Hybrid

f:id:lexusdrive:20201010222015j:plain

 

ポルシェはこの5連メーターがやはり似合いますね。

f:id:lexusdrive:20201010232153j:plain

 

会場ではアンケートに答えるとノベルティをいただけました。そこで、クジも引けるのですが抽選で当たると…

f:id:lexusdrive:20201010224348j:plain

 

なんと、タイカンのメタルカーをいただきました!

f:id:lexusdrive:20201010225439j:plain

f:id:lexusdrive:20201010225507j:plain

 

今日はポルシェ タイカンをじっくり体感した一日でした。最近、ポルシェの話題が多いかもしれません…

f:id:lexusdrive:20201010230007j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

レクサスのボディカラーでリセールバリューが高いのは?

レクサスのお薦めボディカラーは?

 

先日、機会があってレクサス認定中古車のCPO専門店に訪問しましたので、セールスの方にボディカラーのリセールバリューについて聞いてみました。

f:id:lexusdrive:20201004184213j:plain

 

結果をお伝えする前に、レクサスのボディカラーの種類を予め確認したいと思います。あくまで個人的な分類ですが、大きく分けると、ホワイト系、ブラック系、シルバー/グレー系、オプション系の4種類に分けられます。

 

①ホワイト系

・ホワイトノーヴァガラスフレーク

ソニッククォーツ

写真やカタログだと違いが分かりづらいですが、現物を見るとはっきりした違いがあります。ホワイトノーヴァの方はキラキラした純白、ソニッククォーツはパールホワイトといった感じです。ちなみに、ホワイトノーヴァは「F SPORT」のみ選択可能です。

ES300h 「ソニッククオーツ」

f:id:lexusdrive:20201004185100j:plain

 

②ブラック系

グラファイトブラックガラスフレーク

・ブラック

グラファイトブラックは、ホワイトと同じく「ガラスフレーク」の名が付いているので、キラキラしたブラック。ブラックの方はその名の通り、シンプルな黒色になります。ブラック系はどのグレードでも選択可能です。

RX450hL AWD 「グラファイトブラックガラスフレーク」

f:id:lexusdrive:20200720231428j:plain

 

③シルバー/グレー系

ソニックチタニウム

ソニックシルバー

・ダークグレーマイカ

・マーキュリーグレーマイカ など

シルバー/グレー系はバリエーションが充実しており、車種によって採用されているカラーが異なりますので、ディーラーで実車やカラーサンプルを確認いただけると分かりやすいと思います。 この冬に発売する新型LSにもシルバーの新色「銀影(ぎんえい)ラスター」が採用されますので、さらにバリエーションが豊富になります。

RC F 「ソニックチタニウム

f:id:lexusdrive:20201004212643j:plain

 

④オプション系

・ラディアントレッドコントラストレイヤリング)以下省略

・ヒートブルー

ネーブルスイエロー

・ブレージングカーネリアン など

メーカーオプションに設定されているカラーです。価格は税込16.5万円と割高感はありますが、非常に鮮やかで美しいカラーです。個人的にはラディアントレッドとヒートブルーがお薦めで、スポーティーな印象が強いカラーです。

LC500 「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」

f:id:lexusdrive:20200306185725j:plain

 

大まかに4つの分類に分けましたが、他にも様々なボディカラーがあり、選択肢も豊富です。ぜひディーラーなどで実際の色を確認してみてください。

 

前置きが長過ぎましたが、リセールバリューが良いのはどれかと確認したところ、一番はホワイト系、次にブラック系とのことでした。一般的なクルマと同じ結果ですが、どの車種にも似合うカラーという点では納得の結果だと思います。

LS500h 「ホワイトノーヴァガラスフレーク」

f:id:lexusdrive:20200428224824j:plain

 

個人的には、所有しているヒートブルーなどのオプション系のリセールが気になりましたので併せて確認したところ、ホワイト、ブラックには劣るものの、オプション価格が高いことやタマ数が少ない理由から、リセールは悪くないようです。ただ、絶対的に言えることは、リセールも大事ですが、自分の気に入ったカラーにするのがベストだと思います。自分好みのボディカラーを見付けて、ベストな一台を選んでみてください。

IS300h 「ヒートブルーコントラストレイヤリング」

f:id:lexusdrive:20201004223358j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポルシェ愛を感じるレストラン

今回はレクサスの話題が全くありません…

(しかも前半はクルマの話題でもないです…) 

 

以前から気になっていた、東京都港区の汐留シティセンター内のポルシェ公認レストラン「The Momentum by Porsche」(ザ・モメンタイム・バイ・ポルシェ)に行ってきました。

f:id:lexusdrive:20200922233806j:plain

 

入口にはスターティンググリッドのジオラマがあり、ミニカーが並んでいます。これはいきなりテンションが上がりました。

f:id:lexusdrive:20200922233856j:plain

 

天井を見ると、ポルシェのミニカーが埋め込まれたライトがびっしり。

f:id:lexusdrive:20200922233937j:plain

 

店内ではグッズも販売されており、モニターには「ポルシェ・カレラカップ」と思われるレース映像が放映されていました。

f:id:lexusdrive:20200923233952j:plain

 

レストラン内には「ケイマンGTS」が展示されていました。天井のミニカー付きライトが映り込んでしまって、上手に撮影できませんでした…このケイマンを見ながら食事するなんて、ポルシェファンにはたまらないでしょうね。

f:id:lexusdrive:20200925215234j:plain

 

今日はランチで伺ったので、「ポルシェコース」のランチをチョイスしました。

コースは温前菜、冷前菜、パスタ(3種類からチョイス)、デザート、コーヒー(またた紅茶)というメニューでしたが、季節によってメニューの内容は変更になるようです。

f:id:lexusdrive:20200923234248j:plain

 

お食事は本当に美味しかったです。スタッフの対応も素晴らしく、居心地の良い時間が過ごせました。

f:id:lexusdrive:20200923234319j:plain

 

美味しいお食事を終えた後は、併設されている「ポルシェセンター銀座」にもお邪魔しました。ショールーム入口には 911 ターボ S が待ち構えていました。

f:id:lexusdrive:20200925215912j:plain

 

ベースの911よりもワイドなボディサイズが存在感を感じます。

f:id:lexusdrive:20200925220156j:plain

 

3.8Lの水平対向6気筒ツインターボエンジンは、最高出力650馬力を叩き出すというのだからスゴイ。

f:id:lexusdrive:20200925223805j:plain

 

まだ登場して間もない カイエン ターボ クーペ 。他社でも メルセデス・ベンツ GLEクーペ  BMW X6 といった車高の低いクーペスタイルのSUVがありますが、それらの「先輩達」にどう肩を並べていくのか、今後が楽しみです。

f:id:lexusdrive:20200926192326j:plain

 

マカン GTS です。ボディカラーのカーマインレッドはスペシャルカラーというだけあって、とても鮮やかで綺麗なレッドです。

f:id:lexusdrive:20200926195016j:plain

 

パナメーラ 4S です。SUVが全盛の時代ですが、パナメーラのようなスポーツサルーンも健在です。

f:id:lexusdrive:20200926211913j:plain

 

商談スペースは白と黒を基調としていて、高級感と落ち着いた雰囲気があります。

f:id:lexusdrive:20200926213930j:plain

f:id:lexusdrive:20200926214016j:plain

f:id:lexusdrive:20200926214326j:plain

 

今回はポルシェ尽くしの記事になってしまいましたが、ポルシェのレストランはポルシェファンや車好きでなくても十分楽しめる内容になっています。私がお邪魔した時も汐留OLらしき女性達も、ランチを楽しんでいました。お近くに行くことがあれば、ぜひ一度立ち寄ってみてください。

f:id:lexusdrive:20200923234405j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村